たいせつにしてること。

遊びのたいせつさ。


「遊び」という言葉にどのうようなイメージをお持ちですか?
無駄な~意味のない~余暇的な~こんな意味合いを感じる方も多いですね。でも子どもにとって遊びは発達の全てなのです。特に乳幼児時期の子どもの脳は、大人の何百倍のスピードで全力で発達しています。この大切な時期であることを理解し、保育士は子どもの様子を観察しながら五感に働きかけます。また、保育室では遊びと深く関わるおもちゃは、興味を引き出し、やってみたい、繰り返すが充分できるよう配置に工夫しています。
心身の発達を「遊び」を通じて獲得し、その子なりのスピードとタイミングで日々小さな階段を上ったり下りたりしながら、休むことなく成長しているのが乳幼児期の子どもたちです。

経験のたいせつさ。

小さな失敗をたくさんして欲しいと思っています。水たまり、どろんこ、ちょっと高いところ、、やってみたいと思った子には見守りながら挑戦させます。
たとえば水たまりって子どもたちはまず入りたがりますよね。大人はその後の面倒さから顔が曇ります。でも許されるときに一度好きにさせてみませんか?入ると靴が濡れる、中でグズグズ音が鳴ったり、足が靴に吸われてるみたいになったり、こんな感覚はやってみないとわかりません。そしてとっても気持ち悪いと感じたら次は靴を脱ごう。いや私はもう嫌だから次はやめておく。それぞれの子どもが主体で決定します。こんなふうに経験は考える力を育みます。
効率とスピードの時代ですが、ひとつひとつの失敗や経験から学ぶ非効率な学習こそ未来に大切なちからになると信じています。

担当制のたいせつさ。


当園は、緩やかな担当制をしています。赤ちゃんにとって保育園生活のスタートはお家でもないお母さんもいない、音、匂い、あつかう力加減がすべて変わってしまう、もうこれは天変地異に近い衝撃です。泣いて不安を訴えるは全く正常な反応ですよね。そこでまずは入園からしばらくは同じ担当保育士が毎日お世話全てを担当し、赤ちゃんの安全基地になります。それが確保できると赤ちゃんは自然と他に興味を示し出します。「すこし安心できたから探検してみたいけど怖くて不安になったらすぐに守ってね。」そんなメッセージの赤ちゃんを担当保育士はしっかり見守りながら世界を広げていくことを応援します。保育室全体で赤ちゃんの育ちを理解し、焦らずゆっくり園生活に慣れ親しんでゆけるように支援します。

発表会をしない理由。

当園は0~2歳児の乳幼児さんです。
計画的に何かを集団で成り立たせるには
発達の度合いから無理をしなけらればならない
子どもたちが出てきます。
お友だちと協力して何かをやり遂げたい気持ちが起こるのは
しっかりと個の遊びを充実させたのち
3歳以降に自然と芽生えます。
今はのびのびと自分の世界を広げることに
大切な時間を使ってほしいと思います。
子どもたちの瞳輝く瞬間がたくさん起こる
毎日を目指しています。