お知らせ

あけましておめでとうございます。

令和初めてのお正月を迎え、6日より変わらず元気な笑顔の子どもたちのお顔がみられて、りんりんは嬉しいスタートとなりました。

今年は、お年賀に子どもたちの手型スタンプで獅子舞を作りました。小さなハガキに収まる手型ですが今にも駆け出しそうなパワーいっぱいの獅子舞さんたち。周りのお花は末広がりの八色にこだわり素敵な年賀状になりました。
子どもたちが、この獅子舞さんのように元気いっぱい楽しい一年過ごせるように、りんりん一同頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

コープさっぽろ企画えほんキャラバン

トドックちゃんがやって来ました!
ふわふわ大きなトドックちゃん
動く絵本の読み聞かせ
とても楽しい時間になりました。
ありがとうございます。
トドックちゃんからプレゼント

10.8 日本知育玩具協会講座

のっぽろりんりん保育室の研修として、日本知育玩具協会の藤田篤理事長先生から子供にとって良質なおもちゃと与え方のご講義を受けました。開園当初から保育室にあったドイツのネフ社ネフスピールという積み木、実は子どもたちが手にとり遊ぶことはあまりありませんでした。それが藤田先生の手にかかると不思議、動きのある積み木から見立て遊びに変化し保育士も目からウロコでした。大人の私たちが今すぐ遊びたい気持ちに。子どもたちの興味を引き出し、夢中へのきっかけは、私たちのプレゼン力にかかっていることがわかり、とても感動しました。発達の少し先を見極め与える、少しのきっかけとヒントで子どもはぐんぐん自信をつけ伸びる、実体験に基づいた子どもの発達とおもちゃのお話は大変興味深く楽しい研修となりました。遊びが生活のほとんどの子どもたち、良質な食材にこだわるように良質なおもちゃ環境も大切にしたいと思います。

9.30 言語聴覚士の先生をお招きして。

江別市発達支援センターこだま 言語聴覚士の川岸先生
出張講座 「言語の発達と関わりについて」

言語の獲得がめざましい時期にいるりんりんの子どもたち、日々の保育の中でどのような関わりがこの時期の子どもたちにとって大切かを専門家である言語聴覚士の先生からアドバイスいただきました。即実践できることばかりで、とても勉強になりました。子どもたちの取り巻く情報は日進月歩です。これからも正しい情報を取り入れ、子どもたちの大切な発達の時期を支えたいと思います。

・うまくつたわらない、わかってあげられない、両者のもどかしさ。理解しようと試行錯誤してあげることで、わかろうとしてくれている安心感だけでも充分。
・言葉を引き出すことより現時点でできているコミュニケーションをどんどん利用して伝わっている楽しさや実感を大切にし、自信をつけることで言葉は自然と育まれている。
・3歳までに三語文。
・音を楽しむ絵本などで発声の練習。

9.30 幼保無償化の対応について

0~2歳児保育の幼保無償化対象は、住民非課税世帯となります。
該当世帯は保護者全員分の住民税非課税証明書をご提出後
保育料変更契約書の取り交わします。
対象世帯の保育料は0円に変更されます。